屋上の防水工事で雨漏りを防ぐ|災害を守る秘訣

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

注意することがある

作業員

初めにすること

最初に雨漏り修理に使う材料を選びます。漏れだしている穴が小さい場合は、防水テープで穴を塞ぐようにするとかなり効果的です。テープだと、穴を完全に塞いでくれるので、長期間、漏れだす心配はありません。破損部分が大きい場合はブルーシートのような防水シートで屋根全体を覆ってしますようにするのが効果的です。ブルーシートの角にはひもを通せる穴が付いているので、それをフェンスや庭の木などに括り付けるようにすればよいです。

雨漏り修理の注意点

雨漏りを自力で修理する際には注意するべき点があります。それは、雨漏りが発生する多くの場合が台風による被害だからです。強い風雨にさらされている状態で屋根の上に登り、修理をするのは非常に危険で、転落死の可能性もあります。ですので、一番いいのは、あらかじめ雨漏りに備えておく、ということです。備えあれば憂いなし、ですしね。台風が来る前に、防水シートを屋根の上にかぶせたり、雨漏りしそうな箇所がある場合にはあらかじめ防水テープを貼っておくなどの対策をすると万全でしょう。

雨水が漏れた場合の修理には2つの方法があります。1つは自分で直す方法です。雨水が漏れてしまう場合は排水口周りの欠陥が原因というケースが多々あります。その場合防水シートや塗膜を貼り直す、穴をふさぐなど詳しく自分で原因を調べれば対処できるので自分で修理可能です。2つ目は業者に修理依頼をすることです。複数の場所から雨水が漏れ出した場合防水層の経年劣化、老朽化が考えられます。この場合自身で修理をするのは難しいので業者に依頼する方法が懸命です。