屋上の防水工事で雨漏りを防ぐ|災害を守る秘訣

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

確認しておこう

エクステリア

外構工事で注意するべきこと

外構工事をする場合に注意するべきことはどんなことでしょうか。外構工事とは家のエクステリアの部分、つまり家の門とか塀とかカーポートなどを指します。外構工事をする場面で、お金がかかりますが、意外とローン返済と重なっていることが多いことが注意点です。もちろん外構工事だから7桁のお金がかかるとは限りません。一部分の工事であれば20万円から30万円でできる工事もあります。ですが、外構工事はそこに家がある限り美観だけでなく防犯の意味でも10年に一度か15年に一度ぐらいは定期的に行うべきものです。そうなるとどうしてもローン返済以外でお金が必要になります。将来リフォームが必要になる点は住宅購入時にはあまり考えませんが、できるだけ早い段階で予算の都合をつけておくべきでしょう。

知っておいた方が良い情報

外構工事はどうしてもお金がかかりますが、それをすることによって美観を維持できるということや防犯性を高めるという意味では意外と大きな意味があります。ところが、外構工事は優先順位としては後回しにしがちです。例えば、雨漏りと外構の修理が重なったとしたらどちらを優先するかという話です。多くの人は急に迫られた雨漏りの工事のほうを優先すると思います。塀や門などの外構工事には一見は緊急性がないように感じます。ですが、防犯性の点で言えば、見た目が粗末な家ほど狙われます。工事をするべき時期が来ているのに工事をしないということはそれだけ隙が多いと思われてしまうのです。緊急性があるかどうかは見た目だけで判断するのではなく、そのものの役割に注目して判断をするべきです。